プレミアリーグ、ヨーロッパのサッカー観戦チケットの手配

ウェンブリーではプレミアリーグチケットをはじめFAカップ、キャピタルワンカップ等のイングランドサッカー試合やUEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、リーガエスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエA等各種欧州サッカーチケットの手配代行を行っております。

特にプレミアリーグやチャンピオンズリーグ等人気試合の場合、海外業者の多くは試合日の間近になって突然キャンセルされたり音信不通になったりと色々なトラブルが発生していますが、ウェンブリーチケットは日本国内の正規業者である上、弊社ならではのチケットお受け渡しシステムにより、イギリス国内で行われる試合に関してはロンドン市内の店舗にて直接お渡し・返却を行っておりますので、チケット受取の心配は先ずございません。

プレミアリーグやヨーロッパ各国で行われるサッカーチケットの購入なら是非ウェンブリーチケットににお任せ下さい。 チケットの価格はチーム順位・対戦相手・予約時期等によって異なりますが、皆様の旅行スケジュールに合わせて値段等考慮し、観戦に最適な試合をご紹介致しておりますのでお気軽にご相談下さい。

手配出来るサッカーチケット


モウリーニョ監督

■ プレミアリーグ全クラブ・全試合のチケット、FAカップ、キャピタルワンカップ

■ チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ

■ ブンデスリーガ、スペインリーガ、イタリア・セリエA、フランス・リーグアン

■ その他EUROなどヨーロッパのサッカー試合全般

■ ご希望の試合がチケット一覧にない場合でも手配可能です。

チケットの種類

紙チケット欧州サッカーのチケットには通常の紙チケット、メンバーズカード、年間パスであるシーズンチケットの3種類がありますが、プレミアリーグで最も一般的に使われているチケットはメンバーズカードタイプで、他の国では紙チケットタイプが主流です。

メンバーズカードはプラスチック製のカードで、毎試合繰り返し使われるため、観戦後の返却が必要です。

 

紙チケット : 返却不要の一般的なチケット
入り口、ブロック、座席番号等はチケットに記載されています。
■ チェルシー、QPR、マンC、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、セリエA

メンバーズカード : 返却が必要なカードタイプ
カードには座席の記載がないため、座席情報が記載された別の用紙が必要です。
■ アーセナル、リバプール、マンU、トッテナム、サウサンプトン等

シーズンチケット : 年間パス(返却が必要)
見た目はメンバーズカードと似ていますが、専用の座席が決まっているので、カードの表面に予め座席情報が記載されています。
■ 全てのクラブ

試合名の見方

試合日程例)2015年1月1日 アーセナル V マンチェスターユナイテッド

例えば上記試合の場合、Vの左側がホームチームで、右側がアウェイチームとなります。

決勝・準決勝等の一部の試合を除き、試合はリーグ・カップ共に原則ホームチームのスタジアムで行われますので、上記試合はアーセナルのホームスタジアムであるエミレーツスタジアム(ロンドン)で行われます。

アウェイ席の観戦

アウェイビュースタジアムの規模や試合によってアウェイサポーター用座席の数は変更されますが、およそ1500~3000席程です。

アウェイチケットは座席数自体が非常に少ないため、特にダービー等のビッグマッチでは手配が非常に困難です。

アウェイ席での観戦は、限られたサポーターだけが入場出来ることもあり、その臨場感はホーム座席の雰囲気とは別次元とも言えます。

プレミアリーグについて

プレミアリーグの試合

logo

プレミアリーグ(イングランド1部リーグ)は、20のクラブが参加し1シーズン(通常は8月から翌年5月まで)の間、各クラブは対戦相手となる19クラブと2回ずつ試合を行います。 (1回はホームスタジアム、もう1回は相手クラブのスタジアムで試合を行い、1シーズン1つのクラブが合計38回の試合を行います。)

試合で勝てば勝ち点3、引き分けで勝ち点1が与えられ、負けた場合は0点です。チームの順位は勝ち点によって決まりますが、勝ち点が同じだった場合は、ゴール得失点差や総得点で優勝が決まります。

プレミアリーグ最下位から3チームは、2部リーグであるチャンピオンシップリーグに降格します。その代わり、チャンピオンシップの上位2クラブと、3位~6位の戦いであるプレーオフ優勝チームの合計3クラブが翌年のプレミアリーグに昇格することになります。

プレミアリーグの日程

試合観戦プレミアリーグの日程は毎年6月頃1年分のスケジュールが発表されますが、テレビ放送スケジュールや他リーグ・カップとの日程と合わせるため、正式には試合日の1ヶ月程前再度調整されます。

ボクシングデーや再試合等を除いて原則毎週土曜日の午後3時に行われることが多いですが、日曜日の昼又は月曜日のナイトゲームになる場合もあります。(稀に水曜日のナイトゲームになることもあります。)

プレミアリーグの強豪チームと見どころ

ドログバ伝統的な強豪クラブであるアーセナル、リバプール、マンチェスターユナイテッド以外にもプレミアリーグ発足以来優勝を重ねているチェルシーやマンチェスターシティやトッテナム、エバートン等中位クラブも優勝やチャンピオンズリーグ進出を本格的に狙っているため、毎年優勝争いやチャンピオンズリーグ進出を巡っての4位争いは激化しています。

プレミアリーグ初優勝を決めた岡崎慎司の所属するレスター・シティ、最多優勝のマンチェスターユナイテッドのモウリーニョ監督就任、オイルマネーによるマンチェスターシティの躍進、壮絶な戦いによって今シーズンも最終節までにどのクラブが優勝するか目が離せません。

FAカップ、キャピタルワンカップ、スペインリーガ、ブンデスリーガ、セリエA

FAカップ

FAカップロゴFA Cup(Football Association Challenge Cup)

FAカップはイングランドで1871-72シーズン初めて開催された世界初のサッカー大会で、現在もプレミアリーグと並んで毎年行われています。
FAカップがプレミアリーグと多いに異なる点は、イングランドFAに所属するプロはもちろんアマチュアチームも参加でき、一発勝負のトーナメント方式であることです。
準々決勝までは対戦クラブのホーム又はアウェイで試合が行われ、準決勝からはロンドンのウェンブリースタジアムで行われます。(決勝は毎年5月頃)

キャピタルワンカップ

キャピタルワンカップロゴフットボールリーグカップ(キャピタルワンカップ) Capital One Cup

【リーグカップ】という名で知られるキャピタルワンカップは、1950年代後半スタジアム照明によりナイトゲームが可能になったため考案された大会です。
FAカップに700を超えるクラブが参加するのに対し、リーグカップにはイングランド・ウェールズの92クラブが参加し毎シーズン行われており、決勝戦は2月頃ウェンブリースタジアムで開催されます。
尚、リーグカップの名称は1982年よりスポンサード名をつけることになっており、現在は金融機関であるキャピタルワン(Capital One)の名前を使っています。
以前は、ビールの名前から来たカーリングカップやコカコーラカップだった時期もありました。

スペイン・リーガ

リーガエスパニョーラロゴラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ):Liga Española

サッカーに詳しくなくてもメッシは知ってるぐらい有名な世界最強スペインのサッカーリーグです。
ライバルのバルセロナとレアル・マドリードのダービーマッチであるエル・クラシコは世界で10億人が視聴するとも言われており、2014-15シーズンはバルサの優勝により、今後の優勝争いが非常に楽しみになりました。
世界最大規模のスタジアムカンプ・ノウやベルナベウでの観戦は一生に一度は経験してみたいものです。

ブンデスリーガ

ブンデスリーガロゴブンデスリーガ(Fußball-Bundesliga)

多くの日本人選手が活躍中のドイツ・ブンデスリーガはUEFA3位に位置づけ、平均観客が4万人を上回る世界第2のスポーツ大会です。(1位はアメリカのNFL)
現在はバイエルン・ミュンヘンの逃走で優勝争いの面白さが軽減していますが、ドイツ独特のスタジアム雰囲気は非常に素晴らしいものです。

セリエA

セリエAロゴセリエA (Serie A)

1990年-2000年代においては世界最強のサッカーリーグだったイタリアのセリエAですが、今やACミランとインテルの不振によりその人気は若干低迷していますが、最多優勝のユベントスや英雄マラドーナの都市ナポリは健在です。
最近本田圭佑選手のミラン移籍で新たに注目されていますが、観光の国イタリアで本田VS長友選手のミラノダービーを観戦するのは決して夢ではありません。

欧州サッカー観戦の魅力

アンフィールドの異次元の臨場感

普段はスポーツやサッカーに興味がほとんどなくても、ワールドカップの時期になる突如として熱くなるというサッカーファンが大勢います。なぜ世界中の人がワールドカップに熱狂するのでしょうか?

もちろん、自分の国も参加する世界のサッカー祭りということもありますが、決め手はやはり超豪華プレイヤーたちにあります。
世界各地のリーグで活躍しているサッカーヒーローがひとつの場所に集結し試合を行うという夢のような話、4年に1回しか観れないのが残念でなりません。

しかし、彼らに1年中出会える方法があります!それは、ヨーロッパでのサッカー観戦。

サッカーの発祥地イギリスを始めスペイン、ドイツ、イタリア、フランス等のヨーロッパでは世界最高レベルの選手達のほとんどがプレーしています。

サッカー選手にとってはワールドカップの優勝よりもUEFAチャンピオンズリーグでの優勝に自分の人生をかける程、ヨーロッパでの成功こそが夢の実現と言えます。

普段サッカーをあまり観ない人やテレビでしか観たことがない人がヨーロッパの地でサッカー観戦をして先ず驚くのは異次元の臨場感と目の前で行われる超一流選手たちの華麗なるプレーです。

熱気あふれるスタジアムの雰囲気はもちろん、人間の動きとは思えない超一流選手ならではの素晴らしいプレーを見ていると、テレビの中に入っている感じがするでしょう。

これがまさにヨーロッパのサッカーでしか味わえない魅力であり、あなたが夢見る世界でしょう。

チャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグロゴ100UEFAチャンピオンズリーグは、FIFA傘下の欧州サッカー連盟(Union of European Football Associations)が主催する大会で、ヨーロッパの優秀なクラブを対象に1955年より毎年行われています。(1992年ヨーロピアンカップよりチャンピオンズリーグに改名)

国籍によって選手構成が決まるワールドカップとは違い、全世界の優秀な選手が集まるヨーロッパの各クラブ同士の戦いで、その質と人気はワールドカップを上回ります。

サッカー界のスターウォーズであるチャンピオンズリーグこそ一生に1度は体験してみたいものです。

メニュー一覧

チケット一覧

クラブ・スタジアム情報

インフォメーション

2015-16シーズンの優勝クラブ

  • UEFAチャンピオンズリーグ優勝 : レアル・マドリード
  • イングランド・プレミアリーグ優勝 : レスター・シティ
  • キャピタルワンカップ優勝 : マンチェスター・シティ
  • FAカップ優勝 : マンチェスター・ユナイテッド
  • ドイツ・ブンデスリーガ優勝 : バイエルン・ミュンヘン
  • スペイン・ラ・リーガ優勝 : バルセロナ
  • イタリア・セリエA優勝 : ユベントス

 

プレミアリーグ観戦チケット専門 ウェンブリーチケット