ロンドン市内の地下鉄・バス・鉄道利用

ロンドン市内の移動

ロンドンの地下鉄料金は非常に高いことで世界的に有名で、交通手段や移動方法について事前に把握しておく必要があります。

ロンドン市内の地下鉄運賃体系はZone制となっており、日本のシステムとは異なるので非常に分かりにくいです。

下記ではロンドンで効率よく経済的に移動が出来る方法についてご説明致しますので是非ご参考下さい。

IMG_1302

IMG_1570

IMG_1571

ロンドンの地下鉄 TUBE 新型ロンドンバス(前) 新型ロンドンバス(後)

ロンドン市内で使える乗り放題チケット

現金支払いの場合地下鉄で一駅移動するだけで£4.50という莫大な料金が必要です。(ロンドン市内Zone1内の移動した場合)

しかし、「オイスターカード」と「トラベルカード」という乗り放題チケットをうまく利用すればより効果的・経済的にロンドン市内で移動することが出来ます。

特にオイスターカードは、乗り放題はもちろん1日1回の利用だけでも現金よりかなりお得ですのでお勧めです。

(オイスターカードの方がお得ですので、あえてトラベルカードについては説明致しません。)

オイスターカード  オイスターカード

オイスターカード( Oyster Card )は、ロンドン市民のほとんどが持っている実に一般的で経済的な交通カードです。

使い方は日本のSuica・Icoca等と同じく、地下鉄やバスに乗る際「タッチ」するシステムとなっています。

オイスターカードはプリペイド式で、予め料金をチャージしておく必要があります。

一般オイスターカード

デポジット(保証金)£5が必要。 地下鉄の駅で返却すれば£5が戻ってきます。(週末はヒースロー空港のみ返却可能)

帰国の際返却すれば保証金が戻ってくるので、特にカードを購入するわけではありません。

残高は2年間有効ですので、2年以内にイギリスに来る予定がない場合は帰国時に返却された方が良いです。

観光客用オイスターカード  (Visitor Oyster Card)

一般オイスターカードとは違って買取のカードです。(記念品のようなものです。) 価格は£3

返却は出来ませんが、残高の有効期限は無制限ですので、次回の渡英時期に関係なく再度お使い頂けます。

地下鉄・バスの利用料金は一般オイスターカードと同じで、ご自分の用途に合うものをお選び下さい。

オイスターカードの使い方

地下鉄駅の窓口等で、オイスターカードは簡単に手に入ります。

(ヒースロー空港より入国される方は、空港の地下鉄駅で購入されることをお勧めします。)

カードを手に入れただけではお使いになりませんので、乗車前にある程度の金額をチャージしておく必要があります。

移動するZoneによって料金が異なりますが、目安として1日£10で十分ですので、例え3日間滞在する場合は£30をチャージしておけばいいでしょう。

オイスターカードのデポジット及びチャージ料金は、日本のクレジットカードでもお支払い頂けます。

オイスターカードの利用料金(地下鉄運賃)

ヒースロー空港 → ロンドン市内Zone1 £5.00 (オフピーク時)、£5.50 (ピーク時)

Zone1・2内の移動 → £2.10 (オフピーク時)、£2.80(ピーク時)

※ オフピークタイム : 平日 午前9時30分以降 、 土日終日

 

但し、一定の金額になるとそれ以上には上がりません。(乗り放題になります。)

Zone1-2のオフピーク時の乗り放題 :£7.00 (ピーク時は £8.40)

オイスターカード地下鉄料金表 (ロンドン交通局)

オイスターカードでのバス利用

1回乗車に付き £1.40 (現金払いの場合は £2.40 )
上限額 :  £4.40 (バスのみ乗車した場合)

地下鉄に乗らずバスだけを利用する場合、1日£4.40でZone関係なくロンドン市内全体乗り放題。

※ バスには特にピーク・オフピークの時間帯はありません。

但し、一度でもピーク時にパスを利用し、その後オフピープ時に地下鉄に乗った場合でも、上限額が地下鉄ピーク時料金適用になります。

参考までに

※ オイスターカードはロンドン市内のOverground(トラム)や列車(一部区間)でもお使い頂けます。

※ ロンドンでは地下鉄をSubwayではなく、Underground又はTubeと呼んでいます。

※ 地下鉄・バス・列車に乗る際 「Single」とは、一人という意味ではなく「片道」のことです。

(列車の往復チケットはダブルではなく Return Ticketと言います。)